相続税対策を相談する相手としては!それは税理士です

税理士というのは税務のスペシャリスト

税金に関する相談をするのであれば、それは税理士にしたほうがよいでしょう。これは相続税にもいえることであり、基本的には相当にお勧め出来る相談相手であるといえるでしょう。税務のプロフェッショなるであることは確かでしょうから、確実に良いアドバイスをしてくれることでしょう。それを依頼するのかどうか、ということはまた別途考えるとしてもはとにかくそうすることによってまずはどうすれば節税できるのかを知ることができます。

節税をすることは悪いことはないのです

税理士は色々な節税の方を知っています。それを実行してもらうことができるのであれば、かなり有難いことであるといえるでしょう。大変なこともありますし、それこそ毎年お金を渡す、ということだけでもどうにかなるということもあるのです。要するにそれが贈与、ということになりますから、試して見るとよいでしょう。言うまでもありませんが、限度額がありますからそうしたことも税理士に相談するとよいです。それが失敗しないコツになります。

出来ることとできないこと

人によって相続税に関することを相談したとしてもできないこともあります。例えばマンション経営をすることがとてもお勧め出来るほどの資産であってもそれはしないほうがよい、という個人のこともあるでしょう。状況状況に合わせて節税対策をしてもらう事によって、折角依頼する価値があるわけです。税理士といっても別に万能というわけではなく、出来ること出来ない事、というのがしっかりありますから、それは覚悟しておきましょう。

相続税は複雑で税制も頻繁に変わるので、素人が申告納税するのは大変な作業なので、相続の申告を税理士に任せるケースが多いです。